「 ヘアカラーについて 」 一覧

ヘアカラー剤によるトラブルはどのようなものがあるのでしょうか?

▼ヘアカラー剤によるトラブルはどのようなものがあるのでしょうか? ■酸化染料などの抗原とするアレルギー性接触皮膚炎 アルカリカラー剤にはアルカリや酸などの刺激物が配合されているため、皮膚バリア

続きを見る

乳化すると毛髪にどんな効果があるのだろうか?

▼乳化すると毛髪にどんな効果があるのだろうか? ■地肌の染料を洗い流し、色持ちを良くする 「乳化」の目的は2つあります。ひとつ目は地肌についてヘアカラー剤を洗い流してきれいに取り除く事です。染

続きを見る

トナーとは?色持ちはどれくらいするの?

▼トナーってなに?色持ちはどれくらいするの? ■トナーはニュアンスを変える技術。色持ちは約1週間から10日間ほど トナーとは、既染毛の主に中間から毛先にかけて少しだけ色を入れて髪色のニュア

続きを見る

褪色しやすい色と褪色しにくい色があるのはどうして?

▼褪色しやすい色と褪色しにくい色があるのはどうして? ■褪色しやすいのは染料の分子が小さいから ヘアカラー剤は、含まれる染料(染料中間体やカップラー)が酸化重合することではじめて発色します

続きを見る

ヘアカラー施術前の毛髪診断で見るべきポイントは?

▼ヘアカラー施術前の毛髪診断で見るべき3つのポイントは? ■髪質・ダメージ・へアカラー履歴を診断 1つ目のポイントは髪質の診断です。髪質によって染まり方が違うからです。 染まりづらい髪

続きを見る

カラフルヘアカラーカタログ

▼カラフルヘアカラーカタログ 出典:instagram [hasamiii]

続きを見る

カラーリング施術後に日々髪色が変わっていくのはどうして?

カラーリングして数日が経つと、もともとの色味が薄くなるのが、いわゆる褪色という現象です。今回はカラーリングしたのに色落ちしたり、変色したりする様々な要因について紹介。 ▼髪色の褪色と使用する

続きを見る

カラーリングをしてツヤが出るのはどうしてなのだろう?

カラーリングをすると、施術前に比べツヤが出たり、手触りが良くなったりする場合があります。紙に負担をかけているはずなのにどうしてなのでしょうか?その仕組みを紹介! ▼カラーリングでツヤが出る仕

続きを見る

MANIC PANIC

マニックパニックカラークリームは、雑誌や映像の撮影、舞台裏、コンテスト等の現場で数多く使用されています。 デザインカラーや、トリートメントカラー用のキラーアイテムとして、美容の現場で欠かせないア

続きを見る

ヘアマニキュアはどうして毛髪ダメージが少ないのか?

アルカリカラーよりもヘアマニキュア(酸性染毛料)のほうが髪にやさしいといわれます。どうしてなのでしょうか? ▼ヘアマニキュアで髪が染まる仕組み ヘアマニキュアに配合されている酸

続きを見る

PAGE TOP ↑