「 美容師に必要な知識 」 一覧

近年注目されているセット成分とは?

▼近年注目されているセット成分とは? ■べたつかず、再整髪可能な新規ポリマー 現在でもセット成分としては、セットポリマー▶︎合成樹脂・固形油分▶︎ワックスが主流です。そんな中、最近の記事や論文

続きを見る

ヘアカラー剤によるトラブルはどのようなものがあるのでしょうか?

▼ヘアカラー剤によるトラブルはどのようなものがあるのでしょうか? ■酸化染料などの抗原とするアレルギー性接触皮膚炎 アルカリカラー剤にはアルカリや酸などの刺激物が配合されているため、皮膚バリア

続きを見る

カラーリング施術後に日々髪色が変わっていくのはどうして?

カラーリングして数日が経つと、もともとの色味が薄くなるのが、いわゆる褪色という現象です。今回はカラーリングしたのに色落ちしたり、変色したりする様々な要因について紹介。 ▼髪色の褪色と使用する

続きを見る

カラーリングをしてツヤが出るのはどうしてなのだろう?

カラーリングをすると、施術前に比べツヤが出たり、手触りが良くなったりする場合があります。紙に負担をかけているはずなのにどうしてなのでしょうか?その仕組みを紹介! ▼カラーリングでツヤが出る仕

続きを見る

ヘアアレンジの引き出しは美容師の武器

▼80種類のヘアアレンジをポケットに 日本全国、見渡してみれば約50万人の美容師がいるといわれています。 店舗数にして約23万軒。 平均年収230万円の過酷な肉体労働です。 一見華やか

続きを見る

ヘアマニキュアはどうして毛髪ダメージが少ないのか?

アルカリカラーよりもヘアマニキュア(酸性染毛料)のほうが髪にやさしいといわれます。どうしてなのでしょうか? ▼ヘアマニキュアで髪が染まる仕組み ヘアマニキュアに配合されている酸

続きを見る

アルカリカラー剤が明度の違いを表現できるのはどうして?

明るい色から暗い色まで、アルカリカラー剤による明度表現は実に幅広いですが、どのような成分配合の仕方で、明度の差を表現できるようになっているのでしょうか? ▼脱色作用と発色作用のスピードは同じ

続きを見る

アルカリカラー剤で髪が染まるのはどうして?

日本でアルカリカラー(酸化染毛)剤が導入されたのは1907年頃とされています。どうしてアルカリカラー剤で髪が染まるのか、メカニズムを理解し施術不良がないようにしましょう。 ▼アルカリ

続きを見る

軟化が不十分だったとき、1液を再塗布するのと加温するのではどちらが効果的でしょう?

パーマの疑問を解決! ▼軟化が不十分だったとき、1液を再塗布するのと加温するのではどちらが効果的でしょう?? ■1液の再塗布の方が有効。還元力のなくなった薬液を加温しても、効果はあまり

続きを見る

テストカールはどのタイミングでするのか?

パーマの疑問を解決! ▼テストカールはどのタイミングでするのか? ■基本は1液を塗布してから5分後のチェック。軟化度合いを見てその後の放置時間を決めましょう。 髪質・ダメージなど

続きを見る

PAGE TOP ↑