髪をいためないヘアアイロンの使い方

SPONSORED LINK

傷みにくいヘアアイロンの知識

f313l-02-thumbnail2

アイロンのプレートが良い素材

しっかりしたコーティングをされているものを使いましょう。
すべりの悪い素材を使うと摩擦で髪を傷めさせてしまいます!

必要以上に高温のアイロンを使わない

最近流行の200℃越えのものは非常に危険です。250℃辺りでキューティクルは溶けます。健康な髪の毛が耐えれるの180℃で10秒が限界です!
温度は120~150度がオススメで、これ以上高い温度は必ず髪を傷めます!!

半乾きの状態で洗い流さないトリートメント等で髪の毛を保護する。

乾かす前に髪の表面をコーティングしてあげましょう。

ドライヤーで完全に乾かす

髪に水分が残っているとアイロンを当てた際に髪内部で水分が蒸発し、弾けるようになるのでダメージを受けます。
髪の中の水分が蒸発しながら、髪の内部を破壊してしまうので、かならず乾かしてからお願いします。

強く引っ張りすぎない

熱で十分伸びますし、髪は引っ張ってもゴムのようには元に戻らないので、縮れてしまいます。

同じところに何度もアイロンをかけない

綺麗な髪の毛は毎日のケアの積み重ねです。

オススメヘアアイロン

▶︎アズスタイル セラミックイオン ストレート ヘアアイロン アズスタイルEX 【スタンダードタイプ】

▶︎アゲツヤ チタニウムプレート仕様 プロフェッショナルヘアアイロン

hasamiiirank

SPONSORED LINK

粘着性ポリマー
近年注目されているセット成分とは?

▼近年注目されているセット成分とは? ■べたつかず、再整髪可能な

ヒートプロテクト
「ヒートプロテクト成分」とは?

▼「ヒートプロテクト成分」とは何なのでしょうか? ■髪を熱から守

normal-6-dbf44-thumbnail2
スタイリング剤をつけるのは髪を乾かした後・乾かす前どちらが良い?

▼スタイリング剤をつけるのは髪を乾かした後・乾かす前どちらが良い

2380698_wl
スタイリング剤のセット力の調整はどのように設計されているのか

▼スタイリング剤のセット力の調整はどのように設計されている? ■

s_88369363s
スタイリング剤は時間が経つとなぜベタつく?

朝スタイリングしていた時は決まっていたのに、ふと鏡を見ているとスタイリ

▶︎ m o r e

PAGE TOP ↑