施術時間短縮のために、強い薬液を使う場合髪への負担は大きいのだろうか?

公開日: : 最終更新日:2014/08/16 パーマについて, パーマの疑問を解決 ,

SPONSORED LINK

パーマの疑問を解決!

TIG85_kumanoningyouwomottehohoemu500

施術時間の短縮のために、強い薬液を使う場合髪への負担は大きいのだろうか?

強い薬液でも弱い薬液でも仕上がりが同じであれば髪へのダメージはほとんど一緒ですが、プロセスタイムの管理を徹底すること。

強い薬液を使って短時間で素早く施術する場合と、弱い薬液で時間をかけてゆっくりと施術する場合とでは、ダメージに大差はありません。つまり、同じカールを出すなら、毛髪のダメージもほとんど変わらないのです。ただし、注意しなければならないのは、強いパーマ液を使って短時間で施術する場合、わずかな時間差が仕上がりに大きく影響します。慣れてない薬液を使用する際には特に注意が必要です。

hasamiiirank

SPONSORED LINK

粘着性ポリマー
近年注目されているセット成分とは?

▼近年注目されているセット成分とは? ■べたつかず、再整髪可能な

ヒートプロテクト
「ヒートプロテクト成分」とは?

▼「ヒートプロテクト成分」とは何なのでしょうか? ■髪を熱から守

normal-6-dbf44-thumbnail2
スタイリング剤をつけるのは髪を乾かした後・乾かす前どちらが良い?

▼スタイリング剤をつけるのは髪を乾かした後・乾かす前どちらが良い

2380698_wl
スタイリング剤のセット力の調整はどのように設計されているのか

▼スタイリング剤のセット力の調整はどのように設計されている? ■

s_88369363s
スタイリング剤は時間が経つとなぜベタつく?

朝スタイリングしていた時は決まっていたのに、ふと鏡を見ているとスタイリ

▶︎ m o r e

PAGE TOP ↑