地毛の色はどのように決まるのか?

公開日: : 最終更新日:2014/08/16 ヘアカラーについて, 毛髪の基礎知識, 毛髪科学 , ,

SPONSORED LINK

日本人は基本的に黒髪。しかし、日本人の中でも真っ黒な髪色の人もいれば、太陽の下にいればものすごく茶色に見える髪色の人もいます。まずは髪がもっている色素についてしっかり学びヘアカラーの勉強をしていきましょう。

髪の色素

地毛の色はどのように決まるのか?

毛髪内に含まれるメラニン色素が地毛の色の源。メラニン色素はアミノ酸の一種である「チロシン」からできていて、メラニン色素は、黒〜褐色、赤褐色〜黄色のごく小さな粒状の色素で、コルテックス内に存在し、毛球のメラノサイトで作られています。毛髪からメラニン色素がなくなった状態が白髪です。

メラニン色素について

髪色を決定するメラニン色素には、黒〜褐色をしたユウメラニンと、赤褐色〜黄色フェオメラニンの2種類がある。そして、結うメラニンの割合が多く、量が多いほど毛髪は黒くなる。

ブリーチの仕組みはメラニン色素を学べばわかる!

黒〜褐色をしたユウメラニン

ブリーチ剤によって分解しやすい性質

赤褐色〜黄色フェオメラニン

ユウメラニンに比べ強固でブリーチ剤でも分解されにくい。

黒髪をブリーチ剤で脱色すると、赤褐色▶︎赤みの強いオレンジ▶︎黄みの強いオレンジ▶︎黄色というように、塗布時間によって変色していきます。これはブリーチ剤の影響を受けやすいユウメラニンがまず分解され、フェオメラニンが分解されずに残るのが大きな要因です。

hasamiiirank

SPONSORED LINK

粘着性ポリマー
近年注目されているセット成分とは?

▼近年注目されているセット成分とは? ■べたつかず、再整髪可能な

ヒートプロテクト
「ヒートプロテクト成分」とは?

▼「ヒートプロテクト成分」とは何なのでしょうか? ■髪を熱から守

normal-6-dbf44-thumbnail2
スタイリング剤をつけるのは髪を乾かした後・乾かす前どちらが良い?

▼スタイリング剤をつけるのは髪を乾かした後・乾かす前どちらが良い

2380698_wl
スタイリング剤のセット力の調整はどのように設計されているのか

▼スタイリング剤のセット力の調整はどのように設計されている? ■

s_88369363s
スタイリング剤は時間が経つとなぜベタつく?

朝スタイリングしていた時は決まっていたのに、ふと鏡を見ているとスタイリ

▶︎ m o r e

PAGE TOP ↑