アルカリカラー剤で髪が染まるのはどうして?

SPONSORED LINK

日本でアルカリカラー(酸化染毛)剤が導入されたのは1907年頃とされています。どうしてアルカリカラー剤で髪が染まるのか、メカニズムを理解し施術不良がないようにしましょう。

color_lab_news_02_01

アルカリカラー剤で髪が染まる仕組み

アルカリカラー剤は酸化染料とアルカリ剤を主成分とする1剤と、過酸化水素を主成分とする2剤からなります。1剤と2剤を混合して使用することで、メラニン色素を分解・脱色して、染料を毛髪内で発色させて、髪を染めます。

毛髪にアルカリカラー剤を塗布すると

color_img_01

▶︎1剤のアルカリによって髪が膨潤してキューティクルが開き、酸化染料が髪の内側に浸透。

▶︎1剤と2剤を混ぜることで生じる酸素が、メラニン色素を分解・脱色する。それと並行して酸化染料が発色。発色した染料は酸化重合して高分子化している(分子が大きくなっている)ため、外部に流出しにくく、毛髪内部にとどまることができる。

hasamiiirank

SPONSORED LINK

粘着性ポリマー
近年注目されているセット成分とは?

▼近年注目されているセット成分とは? ■べたつかず、再整髪可能な

ヒートプロテクト
「ヒートプロテクト成分」とは?

▼「ヒートプロテクト成分」とは何なのでしょうか? ■髪を熱から守

normal-6-dbf44-thumbnail2
スタイリング剤をつけるのは髪を乾かした後・乾かす前どちらが良い?

▼スタイリング剤をつけるのは髪を乾かした後・乾かす前どちらが良い

2380698_wl
スタイリング剤のセット力の調整はどのように設計されているのか

▼スタイリング剤のセット力の調整はどのように設計されている? ■

s_88369363s
スタイリング剤は時間が経つとなぜベタつく?

朝スタイリングしていた時は決まっていたのに、ふと鏡を見ているとスタイリ

▶︎ m o r e

PAGE TOP ↑