ヘアマニキュアはどうして毛髪ダメージが少ないのか?

公開日: : 最終更新日:2014/08/16 ヘアカラーについて, 美容師に必要な知識 , ,

SPONSORED LINK

アルカリカラーよりもヘアマニキュア(酸性染毛料)のほうが髪にやさしいといわれます。どうしてなのでしょうか?

ヘアマニキュア

ヘアマニキュアで髪が染まる仕組み

ヘアマニキュアに配合されている酸性染料は、マイナスの電荷を持ち、毛髪を構成しているケラチンタンパクのプラス部分とイオン結合することで毛髪を着色する。アルカリ剤や過酸化水素を使用しないので髪へのダメージはないと言われる場合があるが、染料をより内部まで浸透させるため、ベンジンアルコールやエタノールなどの浸透剤が配合されているケースが多く、毛髪への負担がゼロとは言い切れません。

酸性染料はコルテックスの内部まで浸透できない大きさでマイナスの電荷を持っている為キューティクルやコルテックスの浅い部分で毛髪のプラスの電荷とイオン結合し染着します。色持ちは約3〜4週間程度。

ヘアマニキュアはアルカリ剤や過酸化水素を使用せずに染まるから痛みにくい。

hasamiiirank

SPONSORED LINK

粘着性ポリマー
近年注目されているセット成分とは?

▼近年注目されているセット成分とは? ■べたつかず、再整髪可能な

ヒートプロテクト
「ヒートプロテクト成分」とは?

▼「ヒートプロテクト成分」とは何なのでしょうか? ■髪を熱から守

normal-6-dbf44-thumbnail2
スタイリング剤をつけるのは髪を乾かした後・乾かす前どちらが良い?

▼スタイリング剤をつけるのは髪を乾かした後・乾かす前どちらが良い

2380698_wl
スタイリング剤のセット力の調整はどのように設計されているのか

▼スタイリング剤のセット力の調整はどのように設計されている? ■

s_88369363s
スタイリング剤は時間が経つとなぜベタつく?

朝スタイリングしていた時は決まっていたのに、ふと鏡を見ているとスタイリ

▶︎ m o r e

PAGE TOP ↑