カラーリングをしてツヤが出るのはどうしてなのだろう?

公開日: : 最終更新日:2014/08/16 ヘアカラーについて, 毛髪科学, 美容師に必要な知識 , , , ,

SPONSORED LINK

カラーリングをすると、施術前に比べツヤが出たり、手触りが良くなったりする場合があります。紙に負担をかけているはずなのにどうしてなのでしょうか?その仕組みを紹介!

damage-09

カラーリングでツヤが出る仕組み

髪のツヤは、髪に光が反射して出ます。そして、髪の状態でその見え方が変わる。毛髪にあたった光には、毛髪表面で反射するものと、毛髪内部を透過して反射するものと2つあります。この2種類が合わさったものがツヤとして一般的に認識されています。

既にヘアカラーが施術されている毛髪(既染毛)は、毛髪表面のキューティクルだけでなく、毛髪内部のコルテックスもダメージを受けているため、毛髪表面で光が乱反射すると同時に、毛髪内部でも光が乱反射してしまうので、ツヤが悪くなります。

ヘアカラー剤には毛髪補修成分としてキューティクルやコルテックスのダメージを補修する成分が配合されているため、毛髪の表面や内部が修復され、乱反射が正反射に変わりツヤが良くなります。

SPONSORED LINK

カラーリングで手触りが良くなる理由

ヘアカラー剤に含まれる毛髪補修成分がキューティクルやコルテックスのダメージを修復するため、ヘアカラー施術によっては手触りがよくなることもある。

キューティクルの補修成分▶︎分岐脂肪酸

キューティクルの隙間に入り込み、毛髪を疎水性にしてダメージを補修する。

コルテックスの補修成分▶︎コレステロール誘導体, セラミド

コルテックスの空洞を埋め、バリア機能や水分保持機能を高め、ダメージを補修する。

まとめ

カラーリングをしてツヤが出るのはどうしてなのだろう?

ヘアカラー剤に含まれる補修成分が、毛髪内部と毛髪表面のダメージを同時に補修することで、光が正反射するよう毛髪の状態を整えるため、ツヤや手触りが良くなる。

hasamiiirank

SPONSORED LINK

粘着性ポリマー
近年注目されているセット成分とは?

▼近年注目されているセット成分とは? ■べたつかず、再整髪可能な

ヒートプロテクト
「ヒートプロテクト成分」とは?

▼「ヒートプロテクト成分」とは何なのでしょうか? ■髪を熱から守

normal-6-dbf44-thumbnail2
スタイリング剤をつけるのは髪を乾かした後・乾かす前どちらが良い?

▼スタイリング剤をつけるのは髪を乾かした後・乾かす前どちらが良い

2380698_wl
スタイリング剤のセット力の調整はどのように設計されているのか

▼スタイリング剤のセット力の調整はどのように設計されている? ■

s_88369363s
スタイリング剤は時間が経つとなぜベタつく?

朝スタイリングしていた時は決まっていたのに、ふと鏡を見ているとスタイリ

▶︎ m o r e

PAGE TOP ↑