ヘアカラー施術前の毛髪診断で見るべきポイントは?

公開日: : 最終更新日:2014/08/16 ヘアカラーについて, ヘアカラーの疑問を解決

SPONSORED LINK

ヘアカラー施術前の毛髪診断で見るべき3つのポイントは?

髪質・ダメージ・へアカラー履歴を診断

1つ目のポイントは髪質の診断です。髪質によって染まり方が違うからです。

  • 染まりづらい髪質▶︎太い・硬い・撥水性
  • 染まりやすい髪質▶︎細い・柔らかい・親水性

2つ目のポイントはダメージの状態です。ダメージレベルを見誤ると、「吸い込み」や「発色不良」が起こるため、的確な判断が必要になります。

3つ目のポイントはヘアカラー履歴・残留ティントの把握です。残留ティントにより発色の変化や明度の変化が起きることがあります。

hasamiiirank

SPONSORED LINK

粘着性ポリマー
近年注目されているセット成分とは?

▼近年注目されているセット成分とは? ■べたつかず、再整髪可能な

ヒートプロテクト
「ヒートプロテクト成分」とは?

▼「ヒートプロテクト成分」とは何なのでしょうか? ■髪を熱から守

normal-6-dbf44-thumbnail2
スタイリング剤をつけるのは髪を乾かした後・乾かす前どちらが良い?

▼スタイリング剤をつけるのは髪を乾かした後・乾かす前どちらが良い

2380698_wl
スタイリング剤のセット力の調整はどのように設計されているのか

▼スタイリング剤のセット力の調整はどのように設計されている? ■

s_88369363s
スタイリング剤は時間が経つとなぜベタつく?

朝スタイリングしていた時は決まっていたのに、ふと鏡を見ているとスタイリ

▶︎ m o r e

PAGE TOP ↑