ヘアカラー剤によるトラブルはどのようなものがあるのでしょうか?

公開日: : 最終更新日:2014/08/17 ヘアカラーについて, ヘアカラーの疑問を解決, 美容師に必要な知識

SPONSORED LINK

ヘアカラー剤によるトラブルはどのようなものがあるのでしょうか?

酸化染料などの抗原とするアレルギー性接触皮膚炎

アルカリカラー剤にはアルカリや酸などの刺激物が配合されているため、皮膚バリアが低下した頭皮や皮膚に触れると皮膚トラブルを起こす事があります。また、アルカリカラー剤に含まれる酸化染料や、ブリーチ剤の過硫酸塩を抗原とするアレルギー性接触皮膚炎が発症、重傷化するケースも、お客様がアレルギー反応を起こすか否かは見た目ではわかりません。問診とパッチテストを必ず実施しましょう。

hasamiiirank

SPONSORED LINK

粘着性ポリマー
近年注目されているセット成分とは?

▼近年注目されているセット成分とは? ■べたつかず、再整髪可能な

ヒートプロテクト
「ヒートプロテクト成分」とは?

▼「ヒートプロテクト成分」とは何なのでしょうか? ■髪を熱から守

normal-6-dbf44-thumbnail2
スタイリング剤をつけるのは髪を乾かした後・乾かす前どちらが良い?

▼スタイリング剤をつけるのは髪を乾かした後・乾かす前どちらが良い

2380698_wl
スタイリング剤のセット力の調整はどのように設計されているのか

▼スタイリング剤のセット力の調整はどのように設計されている? ■

s_88369363s
スタイリング剤は時間が経つとなぜベタつく?

朝スタイリングしていた時は決まっていたのに、ふと鏡を見ているとスタイリ

▶︎ m o r e

PAGE TOP ↑