そもそもスタイリング剤とは何だろうか?

公開日: : 最終更新日:2014/08/16 スタイリングについて

SPONSORED LINK

スタイリング剤は、仕上げに欠かせないアイテムと言えます。
ではそもそも、ヘアをデザインする上でスタイリング剤が果たす役割とは何でしょうか?

スタイリング剤の役割

スタイリング剤は仕上げ剤・へアドレッシング剤とも呼ばれ、カットやパーマ、ヘアカラーでつくられた「ベーススタイル」を「ヘアデザインに」仕上げるアイテムのこと。つまり、スタイリング剤の役割は、毛髪の動きや質感をコントロールすること、と言える。近年では、そうした機能のほか、毛髪のダメージを補修するヘアケア的な役割を付加させたものも多く流通しています。

スタイリング剤の種類

スタイリング剤の剤形に着目すると、だいたい以下の10種類になります。

ワックス

ヘアクリーム

ミルク

ジェル

ローション

フォーム

ポンプフォーム

スプレー

ミスト

ポマード

hasamiiirank

 

SPONSORED LINK

粘着性ポリマー
近年注目されているセット成分とは?

▼近年注目されているセット成分とは? ■べたつかず、再整髪可能な

ヒートプロテクト
「ヒートプロテクト成分」とは?

▼「ヒートプロテクト成分」とは何なのでしょうか? ■髪を熱から守

normal-6-dbf44-thumbnail2
スタイリング剤をつけるのは髪を乾かした後・乾かす前どちらが良い?

▼スタイリング剤をつけるのは髪を乾かした後・乾かす前どちらが良い

2380698_wl
スタイリング剤のセット力の調整はどのように設計されているのか

▼スタイリング剤のセット力の調整はどのように設計されている? ■

s_88369363s
スタイリング剤は時間が経つとなぜベタつく?

朝スタイリングしていた時は決まっていたのに、ふと鏡を見ているとスタイリ

▶︎ m o r e

PAGE TOP ↑