それぞれの剤形が毛髪に与える影響について【セットポリマー系】

公開日: : 最終更新日:2014/08/17 スタイリングについて , , , ,

SPONSORED LINK

スタイリング剤のセット成分はセットポリマー・固形油分・液状油分が主流。セット成分ごとに髪に与える影響は異なる。

セットポリマー系

ジェル

  •  塗布すると髪が濡れるので、タイトなデザインにしたり、ぱりっと固めるのに適する。
  • しっかりした粘度があるので、必要な部分だけに塗布しやすい。
  • ホールド力が弱いものから強いものまで幅広い。
  • 乾くのが遅い。仕上がりの質感はドライからウェットまで幅広くある。

ローション

  • ジェルの粘度をゆるくしたようなタイプで、髪全体になじませやすい。
  • ジェルと同じく、スタイルをタイトにしたり、ぱりっと固めたりするのに適する。
  • 乾くのがやや遅く、仕上がりの質感はドライからウェットまで幅広い。

スプレー

  • ガスが配合されているエアソール製品で、きめ細かい霧をつくることができ、髪にむらなく吹きかけることができる。
  • ホールド力が強いものが多い。
  • 揮発性の高いアルコールベースで、速乾性があり髪を濡らさず、ドライな質感に仕上げられるタイプが主流。

ミスト

  • ガスを配合せず、ポンプの構造を利用して霧をつくるので、比較的粗い霧になり、1カ所に集中して付着させることができる。
  • 乾くのが早くドライな質感になる。

スタイリング剤ごとに髪を固定するセット成分の違い

hasamiiirank
 

SPONSORED LINK

粘着性ポリマー
近年注目されているセット成分とは?

▼近年注目されているセット成分とは? ■べたつかず、再整髪可能な

ヒートプロテクト
「ヒートプロテクト成分」とは?

▼「ヒートプロテクト成分」とは何なのでしょうか? ■髪を熱から守

normal-6-dbf44-thumbnail2
スタイリング剤をつけるのは髪を乾かした後・乾かす前どちらが良い?

▼スタイリング剤をつけるのは髪を乾かした後・乾かす前どちらが良い

2380698_wl
スタイリング剤のセット力の調整はどのように設計されているのか

▼スタイリング剤のセット力の調整はどのように設計されている? ■

s_88369363s
スタイリング剤は時間が経つとなぜベタつく?

朝スタイリングしていた時は決まっていたのに、ふと鏡を見ているとスタイリ

▶︎ m o r e

PAGE TOP ↑