うねりがでる原因

うねりがでる原因 うねりの原因は大きく分けてふたつ。ひとつは先天性の物でいわゆる天然パーマ。もうひとつは毛髪の内部構造の偏りが原因。加齢とともにクセが強くなり、髪がまとまらなくなる。毛髪には

続きを見る

ハリ・コシがなくなる原因

ハリ・コシがなくなる原因 毛髪は10代から30代にかけて太くなる傾向があるが、その後はエイジングに伴い、エネルギー代謝が低減する事で毛髪を生み出す細胞の活動が低下する。ゆえに髪が細くなり、ハ

続きを見る

白髪が増える原因

白髪が増える原因 エイジングによるメラノサイト(色素細胞)の機能低下もしくは消失により毛髪の色を決定するメラニン色素がつくられなくなり、毛髪はそれ以降白髪となる。そのメラノサイトの活動停止理

続きを見る

ヘアカラーとパーマのダメージの違い。複雑化するダメージに対応

多様なダメージ 高校生や中学生のお客様の場合、はじめてヘアカラーやパーマを施術される方が多いですね。それぞれのダメージの種類などを答えられるとお客様に安心していただけます。 ▼パーマと

続きを見る

髪の毛の痛む原因しっかり説明できますか?

髪の毛の痛む原因は実に多種多様 髪の毛を洗っているそのシャンプーの仕方でさえキューティクルをはがれ落としダメージを与えている可能性もあります。そのような物理的な刺激や、パーマやヘアカラースタ

続きを見る

そもそも髪の成分はなに?

髪の毛の痛みが気になるという理由でご来店されるお客様はたくさんいらっしゃいます。そんな方々にはトリートメントをお勧めする場合が一般的ですが、どうしてトリートメントなんでしょう?理由もしっかり答えら

続きを見る

髪は伸びる!どれくらい伸びる?

▼髪はどれくらい伸びるのか? お客様とのカウンセリングの際ヘアスタイルが決まったら、そのスタイルがどれくらい持つのか伝えると親切な美容師と信頼してくれ、さらにお客様もリピーターへとつながります。

続きを見る

オススメ美容師漫画・ロンジコーン

美容師になりたい中、高校生にお勧めのマンガ 夢のなかった不良少年がある事件をきっかけに美容師という夢を目指す青春マンガ美容師の仕事や苦労、素晴らしさがリアルに描かれています。▶︎購入は画像をクリ

続きを見る

髪をいためないヘアアイロンの使い方

▼傷みにくいヘアアイロンの知識 ■アイロンのプレートが良い素材 しっかりしたコーティングをされているものを使いましょう。 すべりの悪い素材を使うと摩擦で髪を傷めさせてしまいます!

続きを見る

日頃気を遣うべきヘアケア2

皆さん普段のヘアケアの大切さに気づきましたでしょうか? では、実際のヘアケアについて書いていこうと思います。 ▼シャンプーをする際のコツ 効果的なシャンプーを行うコツは、シャンプー剤をつける

続きを見る

粘着性ポリマー
近年注目されているセット成分とは?

▼近年注目されているセット成分とは? ■べたつかず、再整髪可能な

ヒートプロテクト
「ヒートプロテクト成分」とは?

▼「ヒートプロテクト成分」とは何なのでしょうか? ■髪を熱から守

normal-6-dbf44-thumbnail2
スタイリング剤をつけるのは髪を乾かした後・乾かす前どちらが良い?

▼スタイリング剤をつけるのは髪を乾かした後・乾かす前どちらが良い

2380698_wl
スタイリング剤のセット力の調整はどのように設計されているのか

▼スタイリング剤のセット力の調整はどのように設計されている? ■

s_88369363s
スタイリング剤は時間が経つとなぜベタつく?

朝スタイリングしていた時は決まっていたのに、ふと鏡を見ているとスタイリ

▶︎ m o r e

PAGE TOP ↑